診察内容

デスク

内科

呼吸器科内科

咳、痰、喘鳴、息切れ、胸痛などの症状がある場合には相談してください。具体的には、呼吸器感染症、気管支喘息、COPD、間質性肺炎、肺癌などの疾患があります。在宅酸素療法、在宅人工呼吸器療養、CPAPによる睡眠時無呼吸治療、禁煙外来も行っています。

【院長・呼吸器内科医:平澤 路生】

(略歴)

昭和60年3月:札幌医科大学医学部卒業

昭和60年4月:札幌医科大学第三内科入局、国立療養所帯広病院、士幌国保病院、函館市立病院、国立療養所美幌病院、道立北見病院、恵愛会南一条病院、札幌鉄道病院を勤務

平成6年:札幌医科大学第三内科助手

平成13年10月:斎藤内科医院

平成15年12月:医療法人社団平澤内科呼吸器科クリニック院長

医者
 

循環器内科

狭心症、心筋梗塞症、不整脈、心臓弁膜症などの循環器疾患を中心に、生活習慣病(高血圧、高脂血症、動脈硬化症、糖尿病)の診察を行います。心臓超音波検査、24時間心電図検査を行っています。

【副院長・循環器内科医:斉藤 大】

(略歴)

平成9年:岩手医科大卒業、岩手労災病院、総合花巻病院、北上済生会病院、岩手医科大第2内科を勤務

平成23年8月:医療法人社団平澤内科呼吸器科クリニック副院長

副院長
デスク
 
 

訪問診療

当院は、訪問診療のシステムができた初期の頃より、多くの症例を経験してきました。 

訪問診療は、通院が困難になった患者さん宅に計画的に訪問し診察、在宅での生活を支えます。自院の訪問看護や他の訪問看護ステーションと連携し、治療していきます。ケアマネやヘルパーとも話し合い在宅での生活を支えます。また病院と連絡し、必要なときには受診や入院をサポートします。がんの末期などで、残された大切な時間を在宅で過ごしたい方の、在宅ターミナルケアも行っています。

3448809_m.jpg
介護 

訪問看護

医師の指示に従い、在宅の患者さんの生活をサポートします。具体的にはご家庭での療養上の相談、日常生活の支援(食事方法、栄養水分のバランス、清拭、入浴介助、排便の方法、浣腸、車いすへの移動など)医師の指示による医療処置、心のケア、関係機関や関係職種との連携を行います。

禁煙治療

たばこは害があることはわかっているが、止められない。周りの目も厳しくなって居場所がなくなってきている方も多いと思います。今、禁煙を強力にサポートする薬が、保険適応になっています。12週間トライして、自己負担三割で、約18000円です。

禁煙
お母さんと赤ちゃん

小児科

小児科は、感染症、アレルギー疾患を中心に、予防接種も行っています。予防接種は予約制です。電話で予約してください。

【予防接種】

  • 三種混合ワクチン

  • 二種混合ワクチン

  • 肺炎球菌ワクチン

  • ヒブワクチン

  • 子宮頚癌ワクチン

  • 肺炎球菌ワクチン

  • 水痘ワクチン

  • 麻疹ワクチン

  • 風疹ワクチン

  • 麻疹風疹ワクチン

  • おたふくワクチン

  • B型肝炎ワクチン

  • 日本脳炎ワクチン

  • インフルエンザワクチン

アレルギー科

気管支喘息、食物アレルギー、蕁麻疹などの診断、アレルゲンの特定、治療を行い、療養上の相談を行います。

血液検査